公共料金をクレジットで支払ってポイントを得る方法

最近は、公共料金の支払いをクレジットカードでも可能というところが多くなっています。日頃から現金払いで公共料金を支払っている方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

最近は、コンビニでの支払いもできますし、口座引き落としという方法もありますので、自分にとつて都合がいい方法が選択できます。コンビニ払いや口座引落しの場合は、当たり前のことですが、ポイントはつきません。一方、クレジットカードであれば、一括払いに設定することによって、金額に応じたポイントが加算されます。カードでの支払いをリボルビング払いにすることもできますが、その場合、リボ払いで発生した分の利息が取られることになってしまいます。クレジットカード払いで公共料金を支払うことで、クレジットカードのポイントが蓄積されていきますので、お得なカードの使い方といえます。利用金額に応じて付与されたポイントは、商品券や商品などを交換することができるので、大変便利です。クレジットカードを使うことでポイントをため、色々な使い方をすることで、家計のやりくりがよりやりやすくなります。現金払いで公共料金を支払っている人は、クレジットカード払いに変更してみてはいかがでしょうか。住んでいる自治体によってクレジットカード払いが可能かどうかは、扱いが異なるので、まずは確認してみることからはじめましょう。日頃、意識せずに生活をしているかもしれませんが、年間の公共料金は、かなり大きな金額になります。
ブラック融資