限度額を確認してキャッシングを上手に活用する方法

キャッシングを利用するにあたって、現行法では総量規制という法律によって借入の限度額が決められています。総量規制では、キャッシング会社から借りる金額の合計が年収の三分の一以下です。

銀行融資は総量規制の対象外ですので、住宅ローンや自動車ローンなどの高額融資は銀行から借りれば問題ありません。消費者金融会社から融資を受ける場合は、限度額以下の金額になります。審査によって限度額が決定し、限度額以下の融資なら受けられますが、それ以上を借りることはできません。どうしても高額の融資を受けたいという事情があっても、消費者金融系のキャッシング会社で年収の1/3以上の融資を受けたら違法になりますので、銀行に頼まざるを得ません。銀行系カードローンは総量規制の対象外であり、たとえ借入額が年収の3分の1を超えていても、申し込み時の審査次第では、借り入れ可能な場合もあります。複数のキャッシング会社から融資を受けている人の中には、銀行のおまとめローンに借りかえることで、返済負担を軽減しているケースがあります。ローンを一本化する時に、より低金利の融資が利用できれば、返済総額の減額も可能です。毎月の返済回数を減らしたり、より低金利で返済ができるようにすることで、生まれた余裕を利用して前倒し返済も可能になることがあります。借りたお金をスムーズに返せていないと感じている人は、問題点を改めて見直してみることが大事です。キャッシングでは、どうすれば返しやすい条件になるかを検討する余地がある場合もあります。
審査の甘い消費者金融