現金決済よりもクレジットカードの方がお得に利用ができる

クレジットカードが使えるお店は、クレジットカードが利用可能な状態になる代償として、手数料を払うことになっています。お店がクレジットカードの利用料金として払っているお金は、国際ブランドと、クレジットカードの発行元などに払うお金として決められています。

クレジットカード会社の立場からすれば、より多くの人がカードを使って買い物をしてほしいわけです。現金決済の場合には、ポイントを付与されるといった特典はありませんが、カードを利用する場合にはポイントが付与されます。顧客側が意識せずとも、クレジットカード会社が、ポイントの計算を全てしてくれますので、任せて問題ありません。加盟店が支払う手数料などで、利用額に応じてポイント還元もできる為、たいへんお得になります。例えば、自社で発行しているクレジットカードでないカードを使われると、提携店舗としての手数料が発生します。ポイントの付与率や、値引率を変えることで、自分達の会社が発行しているクレジットカードを優先して使ってもらえるようにする店舗もあります。多くの店舗は、自社のクレジットカードでの買い物にはポイントを多めにつけたり、サービスを充実させるなどして対応しています。クレジットカードを利用する場合には、場所とカードを上手に組み合わせることで、よりお得になります。買い物をする機会が多い店がクレジットカードを発行していたら、そのカードを使う方がお得なショッピングができることもあります。現金での決済にはないかなりお得な利用方法が実現できるので、クレジットカードを選ぶ際には特典の内容もしっかり確認しましょう。
審査が甘い消費者金融